なんてつメモ

どうってことない日々のあれこれ

読んだ

ブラック職場その後。中途採用をした結果3名採用。どこで研修をするのか…

私の職場には新しい派遣社員の方に来てもらっているんだけど、ここで研修とか言い出して、物理的なスペースもないし、どうすんだよ?派遣社員は新規採用者が辞めた時の保険(!)として残すらしい。なんだかなぁ。ブラックあるあるだと思うんだけど、忙しすぎて教える時間がないというジレンマ。人が増えれば、何とかなるだろうって考えを放り投げてほしい。

 

そうこうしているうちに、7月も過ぎてしまった。私は1回目のワクチン接種すら受けていない。オリンピックどころか夏が終わる前に受けることができるのだろうか…オリンピック開催自体は反対だったけれど、オリンピックに出場する選手の皆さんについては、今までも努力の成果が発揮できるように最善の結果が出せるように力を尽くせればいいと思う。とはいえ、東京なのに、時差もないのに、リアルタイムで試合すら見ていない。

 

*【BOOK】松重 豊 空洞のなかみ 毎日新聞出版

空洞のなかみ

エッセーと小説。この小説を一人芝居で観たいなぁ。

 

*【BOOK】竹宮恵子 少年の名はジルベール 小学館

【電子版限定特典付】 少年の名はジルベール (小学館文庫)

数年前に出たこの本を読んだ理由は、萩尾望都の「一度きりの大泉の話」が話題になっているからという、下世話な好奇心から、ということを白状しなくてはいけない。

これね、余計な前知識さえなければ、純粋に楽しめた。漫画家の卵が大泉で切磋琢磨して刺激しあって、お互いの作品を手伝ったりして、刺激的な生活。そこから、それぞれの道を歩んでいくのは、当然なんだけど。周りに才能が溢れる人がいるのは、大概の人はつらくなるだろうと思う。そこで距離を置くことも理解できる。

風と木の詩」の創作秘話や雑誌掲載に至る道程も面白かった。初めて読んだときに、これを少女漫画誌に掲載したのか?いいの?いや面白いからいいけれども?と思ったぐらい、衝撃的だった。今はもっときわどいものも出ているけど、そうではなくて、この作品の世界が甘いものだけではなかったところが引かれたから、読み続けられているんだろうな。少女漫画の新しい道を切り開いた人だというのは、よくわかった。

 

この本の内容と別に気になったのが、これを萩尾望都に送ったら、送り返されたという話が流れていること。それから、萩尾望都が「一度きりの大泉の話」を出したこと。

この応酬が、お互い直接対面せずに、お互い本を出版するっていう、闇が深いなと思うのです。

一度きりの大泉の話

 

 

読んだり、観たり

ブラック職場が揺れていて、落ち着かず。

概略:要は退職者が出て、後任が決まらない。派遣社員が仕事を覚えきらず、上司が電話口で激オコ。派遣社員パワハラを訴える。別件で上司からパワハラ告発文が本社に届く。上司の上司が犯人捜しはしないと言いつつ、事情聴取をする。等々)

上司は激情型。理性で抑えきれない。言ったことは忘れるタイプ。3秒前は過去とか、嫌な記憶は抹消できる性格。しかしながら、言われた方は忘れられない。そして、相手の言い分を言葉のまま受け取る、おめでたいタイプ。

例:上司の暴言に耐え切れないと辞めた人が「職場にいると息が出来ない(ので、辞めたい)」と言ったのだが、上司は「呼吸器の病気を早く治してな」と返した。

あれこれ読んだり観たりしていたんだけど、まとめきらず。

一挙掲載ですw

*【BOOK】林 伸次 大人の条件 産業編集センター

大人の条件

*【BOOK】奥田英朗 コロナと潜水服 光文社

コロナと潜水服

*【BOOK】木皿 泉 木皿食堂4 毎日がこれっきり 双葉社

木皿食堂 : 4 毎日がこれっきり

*【MOVIE】ファーザー

2020年 イギリス・フランス 時間:97分 配給:ショウゲート

監督:フロリアン・ゼレール 出演:アンソニー・ホプキンスオリヴィア・コールマン

thefather.jp

 

観ながら、これお芝居っぽいなー(場面転換とか)と思ってたら、後から公式サイトを確認したところ、もとは戯曲だった。

アンソニー・ホプキンス認知症の父親を演じているのだが、環境の変化に対する戸惑いや自分に対する不安や周囲に対する苛立ちや猜疑心とか、さっきまで会話が成立していたのに、豹変するときの表情が何ともリアル!そして観ている側どこまでが現実かわからなくなるので、観ていて、息苦しくなる。フライヤーのコピーは、「驚きと不安の中たどり着いた答えとは?-」なんだけど、微妙な感じ。答えはないように思った。こんなに感情が揺れる毎日はお互いに辛い。途中から、娘の表情やら窓の景色からうっすらと現実が飲み込めてくる。だけど、最後のアンソニー・ホプキンスのセリフが胸を突く。この不安を救ってくれるのは母親なんだね。ずっと迷子なんだよね。

それを見続けるしかない娘も辛いけれど、受け入れるしかない。やるせない。

*【MUSEUM】神戸市立博物館 特別展 東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展

4月24日から6月9日開催

www.kobecitymuseum.j

壁画完成までの下絵や習作やスケッチをあますところなく堪能出来てよかった。壁画の展示そのものは、以前兵庫県美術館の展示の方が好みかも。心が洗われるひとときを過ごすことができた。(この後、職場がわちゃわちゃするのでした。)

遠くに行きたい

GW中にMOA美術館とかクレマチスの丘に行きたかった。

前の緊急事態宣言解除になったときに、多治見に行きたくなったときの記録。

3月18日から20日までの旅。

藤森照信建築は癒される~。空飛ぶ茶室もみたいな。旅っていいですね!

緊急事態宣言解除になったら、静岡へ行きたい!

 *【TRAVEL】

1日目 多治見モザイクタイルミュージアム名古屋市美術館

名古屋から多治見までJRで30分。意外と近いのね。

漆喰を使った建築がなんかいい。こんなユニークな形なのに、意外と悪目立ちしていないのね。威圧感がないから?この木が伸びたら、建物に影響しないのかしら。

ミュージアムに近いお蕎麦屋さんで昼食を取って、名古屋へ。時間を少し持て余したので、名古屋市美術館へ。名古屋の建物ってやたらでかいような気がする。御園座の存在感が凄すぎた。名古屋だったら、マチネ見て、日帰り余裕かも。

www.mosaictile-museum.jp

f:id:maru04:20210504165244j:plain

f:id:maru04:20210504165212j:plain
f:id:maru04:20210504165303j:plain
f:id:maru04:20210318121718j:plain
f:id:maru04:20210318121830j:plain

f:id:maru04:20210318122352j:plain

f:id:maru04:20210318121901j:plain

f:id:maru04:20210318122144j:plain

f:id:maru04:20210318122657j:plain

f:id:maru04:20210318122650j:plain

 

f:id:maru04:20210318122409j:plain
f:id:maru04:20210318122518j:plain
f:id:maru04:20210318123123j:plain
f:id:maru04:20210318123745j:plain

 

f:id:maru04:20210318124724j:plain
f:id:maru04:20210318125049j:plain
f:id:maru04:20210318124729j:plain
f:id:maru04:20210318124447j:plain
f:id:maru04:20210318124458j:plain
f:id:maru04:20210504170148j:plain
f:id:maru04:20210504170326j:plain
f:id:maru04:20210504170425j:plain

 

www.art-museum.city.nagoya.jp







f:id:maru04:20210318151923j:plain
f:id:maru04:20210318151936j:plain
f:id:maru04:20210318154115j:plain
f:id:maru04:20210318154146j:plain
f:id:maru04:20210318154215j:plain
f:id:maru04:20210318154550j:plain
f:id:maru04:20210318154838j:plain
f:id:maru04:20210318154709j:plain

www.ncsm.city.nagoya.jp

f:id:maru04:20210318151740j:plain

f:id:maru04:20210318154400j:plain
f:id:maru04:20210318154059j:plain

 

2日目 明治村熱田神宮

名鉄のお得切符で明治村へ。帝国ホテルと教会が素敵すぎた。汽車に乗りたかったけど、時間が合わず残念。楽しすぎて一人で3時間ほど滞在。帰りの電車で熱田神宮駅に停車することを知り、思い立って、熱田神宮に参拝することに。落ち着く空間でした。なんで鶏が放し飼いされているんだろう。

www.meijimura.com

f:id:maru04:20210319105714j:plain

f:id:maru04:20210319110106j:plain
f:id:maru04:20210319105735j:plain
f:id:maru04:20210319110313j:plain
f:id:maru04:20210319110203j:plain
f:id:maru04:20210319110730j:plain
f:id:maru04:20210319112541j:plain
f:id:maru04:20210319112604j:plain
f:id:maru04:20210319112706j:plain
f:id:maru04:20210319113850j:plain
f:id:maru04:20210319114016j:plain
f:id:maru04:20210319114034j:plain
f:id:maru04:20210319125714j:plain
f:id:maru04:20210319130053j:plain
f:id:maru04:20210319130201j:plain
f:id:maru04:20210319112501j:plain
f:id:maru04:20210319121627j:plain
f:id:maru04:20210319125502j:plain

www.atsutajingu.or.jp

f:id:maru04:20210319144435j:plain
f:id:maru04:20210319144513j:plain
f:id:maru04:20210319145344j:plain
f:id:maru04:20210319145911j:plain
f:id:maru04:20210319145803j:plain
f:id:maru04:20210319152620j:plain
f:id:maru04:20210319152408j:plain
f:id:maru04:20210319144830j:plain

3日目 徳川美術館

メーグルに乗って、市内観光気分を味わってみた。

www.tokugawa-art-museum.jp

徳川家の雛人形見たさに徳川美術館へ。絢爛豪華な雛人形に圧倒され、庭の広さにも圧倒される。さすがでござりまする。

f:id:maru04:20210320101112j:plain

f:id:maru04:20210320100859j:plain
f:id:maru04:20210320100709j:plain
f:id:maru04:20210320101054j:plain
f:id:maru04:20210320111005j:plain
f:id:maru04:20210320111323j:plain
f:id:maru04:20210320111558j:plain
f:id:maru04:20210320113107j:plain
f:id:maru04:20210320112541j:plain
f:id:maru04:20210320112324j:plain
f:id:maru04:20210320113407j:plain
f:id:maru04:20210320113837j:plain
f:id:maru04:20210320113933j:plain

 

コンパルのエビフライサンドは、また食べたくなるほど美味しかった!今回は春の陽気を越した暑さだったので、食欲があまりそそられなかったのが残念。名古屋の郊外も風情のある場所があるみたいなので、機会があればまた出かけたい。

帰りの新幹線のランチは天むすをいただいた。そう、私はとても海老好き。志摩の海女小屋で伊勢海老を焼いて食べさせてくれるらしいのだけど、味わってみたいもんです。

f:id:maru04:20210319162740j:plain
f:id:maru04:20210320080441j:plain
f:id:maru04:20210319123046j:plain
f:id:maru04:20210319131736j:plain
f:id:maru04:20210318162237j:plain
f:id:maru04:20210318180003j:plain

モザイクタイルミュージアムの近所にある和菓子屋さんで売っていたクッキーは可愛いうえに美味しかった。もっと食べたかった。

f:id:maru04:20210321170309j:plain

 

遠くへ行きたい

昨年1月から旅行に行けていない。Go To Travelキャンペーンが始まったときも、なんだかんだで行かなかったし。関西の緊急事態宣言解除された一瞬の隙をついて、モザイクタイルミュージアムへ行ってきた!気ままな旅行は楽しいな!今度は静岡!って盛り上がっていたのに、「まん防」とやらが発令されて、県をまたいだらだめらしい。うなぎとかシラスとかマグロとか!食べに行きたい!つまらない。

そんなわけで、昨年12月のちょっとした遠出と3月の小旅行の記録。

 2020年12月は近江八幡

ラ・コリーナ近江八幡の見学ツアーが再開したら、ぜひ参加したい。

f:id:maru04:20201209133906j:plain

 

f:id:maru04:20201209115841j:plain

f:id:maru04:20201209120125j:plain
f:id:maru04:20201209120451j:plain
f:id:maru04:20201209115918j:plain
f:id:maru04:20201209120438j:plain

 

f:id:maru04:20201209120415j:plain
f:id:maru04:20201209130040j:plain
f:id:maru04:20201209120856j:plain
f:id:maru04:20201209120227j:plain
f:id:maru04:20201209120749j:plain
f:id:maru04:20201209120816j:plain
f:id:maru04:20201209120549j:plain
f:id:maru04:20201209120502j:plain
f:id:maru04:20201209121345j:plain
f:id:maru04:20201209121352j:plain
f:id:maru04:20201209124827j:plain
f:id:maru04:20201209124913j:plain

駐車場の目印もかわいい!

f:id:maru04:20201209131637j:plain
f:id:maru04:20201209131701j:plain
f:id:maru04:20201209131724j:plain
f:id:maru04:20201209131804j:plain
f:id:maru04:20201209133422j:plain
f:id:maru04:20201209133350j:plain
f:id:maru04:20201209131856j:plain

f:id:maru04:20201209123223j:plain

f:id:maru04:20201209125538j:plain

オムライスと生どら(栗)美味しかった。他にも魅力的なメニューがあったけど、お腹の都合で断念。ジンジャーエールもきりっとした辛味が効いておいしかった。

ここはまた別の施設が建築されるっぽい。次は新緑の季節に行きたい。

3月の小旅行はまた後日

 























 

 

 

 

 

読んだ

もしかしたら、花粉症かもしれない。

目頭がかゆくてたまらない。昨年の健康診断でアレルギー検査を受けた時には、

そういった結果にならなかったのに、これも老化なのか。

再来週に視野検査を受けるのに、目のトラブルはつらい。ドライアイの人には、あの検査はきついよね。たった数分なのに、眼精疲労が半端ない。

 

*【BOOK】藤野千夜 じい散歩 双葉社

令和の家族小説って感じです。90近いのに、行動範囲が広くて、健啖家で、ちょっとエロ好きな主人公が魅力的。パラサイトや引きこもりやトランスジェンダーの息子たちが現代っぽい。妻の介護をメインで行うのが、主人公って…悲壮感はないけれど、考えるよね。子供があてにされていないってのが。それも今どき。

じい散歩